宮大工・家大工の技術は現在、新しい建築工法・新建材の誕生・ 電動工具の開発 などによって 伝統的建築が殆どみられなくなって います。
  このような実情の建築界の中、在来の伝統的な宮大工技術・秘術を体系的に 受け継いでいることに加え、工具やさし金の用法にも熟練している事から赤穂市 指定文化財に認定されました。

 

     
 
 
     

会 社 名
代 表 者
設  立
【事務所】
電  話
【作業所】
電  話

有限会社 和田社寺建
和田 貞一
平成8年12月
兵庫県赤穂市板屋町21番地
0791-43-3231
兵庫県赤穂市大津804番地の1
0791-43-6738

   
拡大地図を表示
   
   

事務所  〒678-0248
赤穂市板屋町21番地
TEL 0791-43-3231

作業所   〒678-0252
赤穂市大津804番地の1
TEL 0791-43-6738
   
    昭和20年 11月
昭和31年 
昭和32年
       
昭和34年 3月
          
昭和47年 4月
昭和54年 3月
平成 8年 12月
宮大工和田通夫(三代目和田政春)に弟子入り
姫路城改築のための素屋根設計図、同模型作成
岡山県高梁市臥牛山高梁城保存工事事務所勤務
(文化財保護委員会、現文化庁)
閑谷学校講堂解体保存修理工事事務所勤務
(岡山県)
建築業自営
四代目和田政春襲名
有限会社「和田社寺建」設立
 
和田社寺建  赤穂市板屋町21番地 TEL 0791-43-3231
Copyright (C) 和田社寺建 All Rights Reserved.