昭和25年春、姫路城第二期修理が 始まりました。  この時最初のハードル と なったのが大天守の素屋根でした。 素屋根とは工事用の足場の事で、解体 から修復までの全工程、本体をすっぽり 包み込む必要があります。
 
  姫路城大天守の素屋根は、下部の平 面積 2,640u・ 棟の高さ52.8mと、東京 の丸ビルがすっぽりおさまる規模。

  上部はかなりの強風にさらされ、台風の直撃の可能性もあります。 そのため形状・強度とも に設計はかなり難解なものとなりました。

 四方転びという 四方が同じ傾斜面となる型の素屋根は、建築学の教授も 技術職員も未経験のもので、この素屋根の模型を作ったのは 模型の専門業者でしたが、設計図が十分でなかった為 半年かけて出来た模型も不十分でした。

  そのため再度依頼され和田貞一(当時26歳)が 20 分 の 1 の縮尺で、4m 四方の板に墨書きの設計図を完成し、模型 は1万本 を超える料理箸のような軸木で組み立て、図面を含めて約 1ヶ月 で完成させました。

  この後、岡山県備中松山城(高梁市)、閑谷学校などの改修工事に携わるなど、赤穂〜岡山の社寺工事を主に行っています。



 
 
 
 
和田社寺建  赤穂市板屋町21番地 TEL 0791-43-3231
Copyright (C) 和田社寺建 All Rights Reserved.